>  > 俺はSな美脚嬢に夢中

俺はSな美脚嬢に夢中

高級デリヘルに行くまで、自分がMだという事を知らなかった。ある日、上司に誘われて臨時収入あったもんで高級デリに行ったんです。半分出してやるよって気前のいい上司だったんで思い切って。上司は指名で選んでいたからいつも来てるんだろうけど、俺はこんなすごいところに来たことがない。ということでフリーで依頼。ホテルで待っていたらおいおい、どうしたらいいんだよ、俺大好きなスレンダー&美脚なおねーさんが来たじゃないですか。もう緊張マックス。「緊張してる?大丈夫、今にそれどころじゃなくしてあげる」なんて言われてされるがまま。一緒にシャワー入って首筋から乳首の辺をレロレロされたらもう息子ビンビン。「あら・・・こんなんでもう?変態なの?」といわれて息子から前汁が。「変態ねぇ。でも変態は好きよ」ってちんちんものすごい勢いでしごかれた。ええ?俺ってもしかしてMなのかな・・・と気が付いたのはこの時。だってそれからフェラしつつ柔噛みされたんだけど、それが気持ちよすぎて声出ちゃって「やっぱり・・・変態M君ね?」とわざと噛み噛みしてこられたら出ちゃったんです。Sで美脚、しかもおねーさん系の顔。もうメロメロです。

[ 2015-11-20 ]

カテゴリ: デリヘル体験談